七五三の豪華な衣装と記念撮影

七五三の衣装には流行がある

七五三の衣装と言えば、時代の流れと共に変わりつつあります。
最近では女の子の場合、フリルのついたものが流行ってきています。
浴衣も同じようにフリルのものが流行ってきており、どうやら洋風なものを取り入れることが定番となってきているようです。

しかし、昔ながらの考え方を持っている人にとっては、七五三と言えば純和風の着物がいいと思うはずです。

これが七五三の定番であり、日本の伝統を守っていく上で正しいものだと言えます。
時代の変遷に合わせることも大事ですが、昔からの伝統を守るためには、定番をそのまま用いることも大事です。

また、現代では普段、洋服を着ることが多いため、着物を着る機会は滅多にありません。七五三という日本の行事の時くらいは着物をしっかり着こなせるようにすることも大事です。

また、色遣いにも時代の変遷を感じられることがあります。
一昔前までは女の子の七五三と言うと、女の子らしい赤やピンク、黄色などが使われることが多かったものです。

しかし、最近の流行は水色や白など、あまり着物に用いられないような色遣いも人気が出てきています。
これは他人と同じことを嫌う現代人の特徴と言えます。
他人と違うデザインの衣装を用いることで個性を尊重することができますが、七五三は記念撮影もすることが多く、写真として残ることがあります。
親御さんだけの好みを取り入れるのではなく、お子さんの意見も取り入れた上で衣装を選ぶことが大切です。

また、定番の着物以外でも撮影をすることはできます。
女の子にはお姫様のようなドレススタイルも人気です。